pokapoka note

        日々のこと




スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告

まだまだ二日目 :: 2012/12/22(Sat)



デザイン博物館に到着。50年代の倉庫をスタイリッシュに改装した
建物ということで、ここからは主人も力が入るところ。
近々新しい場所に移るらしく、一目みておいて正解だったよう。

IMGP9284_convert_20121221190909.jpg

タワーブリッジです。もうこのときは寒くて寒くて! 鼻水ズルズル、
体調もイマイチ、主人はこのあと行くテートモダンに足取りも軽やか。
手袋帽子もかぶらず、次々写真撮りまくり。かなり元気です。

IMGP9313_convert_20121221191137.jpg

テートモダンです。モダンアートが揃い、世界で最も注目される美術館
のようです。この発電所を改築した建物がよいですね。
重厚なレンガ造り、中は吹き抜け、私が想像していたよりはるかにすご
かった! もちろんこちらも無料。

マリルボーン・ハイ・ストリートへ。コンラン本店も一応チェック。
この通りはお洒落雑貨やカフェ、レストランなど可愛いお店がいっぱい!
ロココ・チョコレートショップはここの通りがこじんまりして一番好き
でした。パッケージも本当に可愛いの!
私はこの通りが一番印象に残ってますね。
そしてちょうどこの通り沿いで福岡の作家さんが展示会をやっていると
の情報を事前入手、少しだけおじゃましてきました。
主人の共通の友人も多数、まさか異国の地ロンドンでこんな話ができる
とは! とお二人で盛り上がっていましたよ。

IMGP9335_convert_20121221191330.jpg

そして主人が最も気が進まなかったハロッズへw
本場だし、少しでも見ておかないとね。
ただこれは失敗! クリスマス前の週末ということもあり、あまりの人の
多さにびっくりしましたよ。こんなに混み合うデパートって経験したこと
ないので迷子になりそうでした。いや、ほんとに。
ロンドン中の人々が皆ここに集結しているかのよう!
ゆっくりお買い物したかったけど早々に出ました。
イルミはとても綺麗でしたけどね。 
こんな感じで旅は主人の計画どおり?過ぎていくのでした^^
スポンサーサイト
  1. 旅行
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

ロンドン二日目 :: 2012/12/17(Mon)



翌日はホテルの朝食も食べず、早朝からマーケットへお出かけです。
ロンドン、ほんとに寒い! だんだんカメラを手にとるのが億劫になっ
てしまいますね~

PC016305_convert_20121217191022.jpg

まさかまさかのリス☆可愛いっ。こんなとこで遭遇するなんて!
えさがもらえると思って、つい寄ってくるのかな?ないとわかると直ぐに
どこかへ行ってしまいました。朝からついてるな♪

PC016316_convert_20121217195332.jpg

高架線の下で土曜だけ開かれる小さなマーケット、モルトビー・ストリートに
到着! とてもいいにおい、そしてこの雰囲気、中々いいです。
美味しそうなソーセージにハム、ピクルス、パン、ベーグル、ケーキにバーガー
とどれも美味しそう。
食に相当こだわりを持って取り組んでいる人の集まりだと本に記載されている
だけあって、ディスプレイに目がいってしまいますね。品揃えは多いとまでは
いかなくても、厳選されたものだけに欲しいものがいっぱいです。
高架線下はひんやりとしているので、食べ物を扱うのに適しているそうです。
(これまた秘密のロンドンより)

PC016313_convert_20121217194733.jpg

おなじみ、セントジョンのパン。ここでもお目にかかれるとは! 主人は事前に
知っていたみたい。ハード系以外のパンを食べておくべきだったと今ちょっぴり
後悔してます。こちらのエコバッグもゲット。この豚さんがいいの。
他にも主人の友人がオススメする、紅茶専門店にも寄ってみました。
少しだけスタッフさんとおしゃべりできました。片言英語でも通じて嬉しかったけど、
英語はちゃんと勉強しないとね。今後の課題だ。
こちらで軽く朝食を済ませ、次はデザインミュージアム、ロンドンブリッジへと
足をのばすことに…
  1. 旅行
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

ますます好きになってしまう :: 2012/12/15(Sat)



主人が最も期待していた雑貨店レイバー・アンド・ウエイトに
到着です。秘密のロンドンの本によると、雑貨界では案外知ら
れたお店のようですよ。

このグリーンのタイルの色に惹かれました。
深みのある落ち着いた感じ、もうまさしくロンドンw
街にしっくり馴染んでいましたよ。
中に入るとこれまた、つい長居したくなるような空間でした。
決して広くはない店内、それでも次から次と人の出入りが頻繁で
人気なのも伺えます。
ヴィンテージのガラスビンなど気になりましたが、バッグや衣類に
つい目がいってしまう私でした^ ^

PB306280_convert_20121214180742.jpg

こちらも人気のオーガニックのお店アルビオン。新鮮なお野菜に美味し
そうなパンの数々、見ているだけでウキウキもんでした。
ここではお洒落なエコバッグを購入。

PB306282_convert_20121214180834.jpg

近くにあるピザが美味しいと評判のお店らしいです。主人の友人が何度も
空振りしてお預けとなっているお店w
外から店内が見えるので、チラ見してきました^ ^ このとき満腹状態で、私
たちも結局食べることができなかった。次回の楽しみにとっておくことに…

PC016294_convert_20121214180954.jpg

カフェ114で休憩。ここもコーヒーマイスターの主人の友人がとくにオススメ
だということで寄ってみました。
カフェオレを注文したのですが、今まででいちばん奥深い味。大人の味でした。
いい意味でクセが強いのでしょうか?砂糖入れちゃいました!
このとき16時頃だったかな?もう夜ごはん?と錯覚するほど暗くなるのが早い。
ロンドンの冬はちょっと寂しい気もしますね。

PC016295_convert_20121214181537.jpg

最後は私の希望で大英博物館へ。ちょうどこの日は20時半まであいていたので
何とか間に合いましたよ。ロンドンはどこもかしこもほぼ入館料いらずで驚きます。
ここはとても一日じゃまわりきれないので、サクッと流しました。
エジプト象形文字のロゼッタストーンが肉眼でみれて感激! 恐る恐るミイラもみました。
写真撮っている人、勇気あるな~
博物館までの道のり、ライトアップが素敵だったな。
この日の夜は、プラネットオーガニックのデリを注文して簡単に済ませました。
寒くて冷えた体にあったかスープ、これだけで満足です。
そして翌日のボローマーケットに備えてまたも早めの就寝となりました。
  1. 旅行
  2. | trackback:0
  3. | comment:2

ワクワク!! :: 2012/12/13(Thu)



私たちが宿泊したタビストックホテル。予想どおり、スリッパもなく、
歯ブラシ、シャンプーリンスもなし。冷蔵庫もない。そして一番困った
ことに、暖房のききが弱くて寒いんです。ヒートテックにフリースは必須、
日本はホテルのサービスがいかに行き届いているかしみじみ実感。

朝食はパンとコーヒー、オレンジジュースにフレーク。
熱々のスープにボイルした美味しそうなウィンナーにベーコンエッグがすぐ隣に。
やったーと思いきやこちらは別料金。こんなフェイントいらな~い!


PB306268_convert_20121213131701.jpg

いつになく寝たおかげで少しは楽に…せっかく来たのにホテルで寝込むなんて
絶対できない! というわけで主人が下調べをしてくれたおかげで事がスムーズに…
幸い、お天気にも恵まれてよかった♪
スタバも国によって全く違うんですね。ロンドンのスタバ、中々よいです。

PB306276_convert_20121213132228.jpg

PB306270_convert_20121213131911.jpg

そしてランチはぜひここにと主人の友人のすすめもあり、セントジョンへ。
バーやカフェスタイルなど多種多様で、こちらのパンは美味しいもの好きの
お洒落さんの間ではちょっとしたブランドだと本にありました。
山本ゆり子さんの著書「秘密のロンドン」よりー
店内もいい雰囲気でしょ。このあと一気に満席状態になりました。早く行って
正解!

PB306274_convert_20121213132709.jpg

パンもお肉も美味しかったです。ロンドンの食事はまずいと誰しもが言うので、
変な先入観がありましたが、ここは当たりでした^ ^

PB306269_convert_20121213131755.jpg

こちらも本に載っていたお店。後で気づきましたけどw
可愛くてつい立ち止まりたくなる外観ですよね。
中には美味しそうなサンドイッチやサラダがいっぱい。
もうお腹いっぱいであえなく断念。
お隣さんも感じのよいデリカエッセンのお店でした。こちらも本にあり。
ここでしか手に入らない紅茶があるってのをその時は知るよしもなく…
事前に入念なチェックをしておくべきでしたね。
またそのお隣にも気になるベトナム料理フォーのお店が。
ロンドンに来てフォーを食すかギリギリまで悩みましたw
そしてこの日の次なる目的、主人が最も楽しみにしていた雑貨店へ向かう
ことに…

さてさて私の行きたい、ウェストミンスター寺院と国会議事堂にバッキンガム
宮殿、ベタもベタですけど、ちゃんと行けるでしょうか?
そしてイギリスといえばフィッシュ&チップス。ちゃんとありつけるのでしょうか?
  1. 旅行
  2. | trackback:0
  3. | comment:2

縁を感じるね :: 2012/12/13(Thu)



PB296226_convert_20121212234409.jpg

ロンドンへ行ってきました。ヒースローまで約12時間半、長時間の
フライトではやはり眠れず、おまけに到着前に思いっきり風邪をこじ
らせてしまいました。
熱が出てもうろうとしながらも、私を元気にしてくれたのがこちら、
何とトニーの未公開映画、「聴風者」が機内でみれたこと。
これは偶然?それとも…?♡とても楽しみにしていた映画なので、もう
嬉しくて余計に熱が上がりそう~
残念ながら日本語訳はなかったので、英語を選択。
これがあまり理解できず、くやしい思いをしましたよ。
でも、大好きなトニーをみたおかげで一瞬元気になりました♪

PB306247_convert_20121212234555.jpg

ロンドン着は夕方17時。何と深夜なみの暗さにびっくり。
16時には日が落ち、夜のようになってしまうと聞いていましたが、
まさかここまで暗いとは! 気温も氷点下、とにかく寒かった。
今回同日着という中々いいプランだったので、ホテルに着後、直ぐに
街にくりだすはずでしたが、私の体調のせいで予定変更。
翌日に備えるために21時前には就寝という、何とももったいない旅の
スタートとなりました(๑′ᴗ‵๑)
  1. 旅行
  2. | trackback:0
  3. | comment:2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。